法律書,司法試験ほか各種国家試験の図書出版
ホーム > お知らせ

お知らせ

 書店様へ - 2017.05.02

今月の新刊・改訂版は下記の通りです。
ぜひ棚ぞろえをよろしくお願いいたします。

 ・5月の新刊

  刑事訴訟法演習
    A5判・定価(本体3,300円+税)

  民事訴訟法講義 [第2版]
    A5判・定価(本体4,800円+税)


 ・改訂版

  通訳案内士 中国語過去問解説[平成28年度公表問題収録]
    A5判・定価(本体3,400円+税)

 以下、通訳案内士試験の各国語が、5月末までに順次できます。(新刊委託は致しません)注文書をご用意していますのでお申し付け下さい。

  通訳案内士 韓国語過去問解説[平成28年度公表問題収録]
    A5判・定価(本体3,300円+税)

  通訳案内士 フランス語過去問解説[平成28年度公表問題収録]
    A5判・定価(本体3,300円+税)

  通訳案内士 スペイン語過去問解説[平成28年度公表問題収録]
    A5判・定価(本体3,200円+税)

  通訳案内士 ドイツ語過去問解説[平成28年度公表問題収録]
    A5判・定価(本体3,000円+税)

  通訳案内士 イタリア語過去問解説[平成28年度公表問題収録]
    A5判・定価(本体3,200円+税)

  通訳案内士 ポルトガル語過去問解説[平成28年度公表問題収録]
    A5判・定価(本体3,200円+税)

  通訳案内士 ロシア語過去問解説[平成28年度公表問題収録]
    A5判・定価(本体3,500円+税)

 

「司法試験・予備試験 伊藤真の速習短答過去問」 憲法、民法、刑法の3点ができました。
伊藤真先生の直筆のPOPをご用意しています。
どうぞお申し込みをよろしくお願いいたします。

  

書店様には新刊・改訂版のご案内「法学書院通信」(注文短冊付き)をお送りしておりますが、ご希望があれば発送をいたしますのでお申し付け下さい。


法学書院 基本・売行き良好書一覧【注文書】は こちら

このページのトップへ

本書において、下記のように誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

平成14年第1問の解答は、平成27年法改正に対応しておりませんでした。
 よって、当該問題・解答等は削除してください。
理由としては、法改正に よって出題者の意図に沿った解答ではなくなることと、問題文を修正する必要が あるからです。少なくとも、「承継させる旨の職務発明規定」との 問題文の文言が不適切になっております。
 

このページのトップへ

28年度司法試験予備試験論文式試験の合格者が、106日に法務省から発表されました。
詳細な結果につきましては、下記法務省サイトにてご確認ください。

http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji07_00187.html

 

このページのトップへ

平成28年度司法試験の合格者が9月6日に法務省から発表されました。
詳細な結果につきましては法務省サイトにてご確認ください。

下記をクリックすると法務省サイトにジャンプいたします。

http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji08_00126.html

このページのトップへ

受験新報9月号136頁 次号予告の発売日が間違っていました。ここに訂正してお詫び申し上げます。

 誤り:8月1日発売   正:9月1日発売

このページのトップへ

『伊藤塾セレクション③司法書士過去問 会社法・商法・商業登記法 〔第8版〕』訂正のお知らせ

 

 平成27年3月16日に、先例の変更がありましたので、下記の該当箇所の訂正をいたします。読者の皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 

194頁No.77(H21-31) 肢エの解説

エ 誤り。

 持分会社を代表する社員が外国法人のみである場合には,当該外国法人の職務執行者のうち少なくとも1人は,日本に住所を有することが必要であると解されていた。しかし,内国株式会社の代表取締役の全員が日本に住所を有しないことも認められるようになったことから(平27.3.16民商29号通知),内国持分会社においても代表社員及びその職務執行者の全員が日本に住所を有しなくてもよいと解される。
 
したがって,持分会社を代表する社員が外国法人のみである場合には,当該外国法人の職務執行者のうち少なくとも1人が,日本に住所を有する必要はない。

このページのトップへ

『民法がわかった〔改訂第4版〕』訂正のお知らせ

 

 本書改訂第4版第16刷発行後に,民法733条,746条が改正されました(平成2867日公布,同日施行)。

法改正によって,以下の通り訂正がありますことを,お知らせいたします。

 

313頁下から9行目]

6カ月 ─→ 起算して100

314頁【注】3行目]

現在は6カ月とされている ─→ 以前は6カ月とされていた

314頁【注】5行目]

いなければ再婚を認める,─→いなかった場合,離婚後に出産した場合,には再婚を認める(7332項),

314頁【注】6行目]

近時なされる予定ですのでご注意願います。 ─→ なされました。

315頁下から6行目]

6カ月 ─→ 起算して100

315頁下から5行目]

妊娠 ─→ 出産

320頁下から15行目]

6カ月 ─→ 100

325頁1行目]

6カ月 ─→ 起算して100

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『ロースクール演習会社法〔第4版第2刷〕』お詫びと訂正

このたび、本書において、以下のとおり誤りがありましたので、お詫びして訂正いたします。

本書183頁「☆答案作成上のポイント」の位置、本書192-193頁「☆答案作成上のポイント」の位置がずれていました。

誠に申し訳ございませんでした。謹んでお詫び申し上げます。

下記PDFファイルをダウンロードしてご参照下さい。

このページのトップへ

【お知らせ】民法がわかった〔改訂第4版〕

法改正によって,以下の通り訂正がありますことを,お知らせいたします。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『民法がわかった 改訂第4版第12刷』訂正表

 本書に、以下の誤りがありました。誠に申し訳ございません。
 お詫びして訂正いたします。


・156頁15行目
  『代価弁済でAのBに対する~』 を 『代価弁済でBのAに対する~』 に訂正

・195頁13行目
  44条2項 を削除

 なお、第4版第13刷以降は修正しております。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『司法試験予備試験論文式問題と解説〔平成27年度〕』 (初版第1刷)訂正とお詫び

このたび,本書において,以下のとおり誤りがありましたので、お詫びして訂正いたします。


60頁☆対策は、下記に差し替えてください。

 刑法も他の科目と同様に対策は変わりません。基本的な論点をインプットする。当然のことではありますが,構成要件を正確にインプットしなければ答案として評価されません。また,刑法総論についても基礎理論を体系に則って正確に理解しておくことになります。その上で一番重要なポイントが事実認定になってきます。問題文にわざわざ掲載されている事実についての評価の仕方がポイントになります。事実認定については経験であるともいわれますが,試験対策としては先人達の知恵を盗むということの方法が手っ取り早い手段になってきます。具体的には再現答案集等から上手い表現を盗み取るということです。最後に,時間配分・分量配分という課題につきましては多くの問題演習を繰り返すことによって自然に課題を克服できるかと思います。素材としましては旧司法試験の過去問を50分で解いてみるということをお勧めします。刑法はコツを掴めば確実に点数を取ることができる科目です。正しい対策を講じて得意科目にして下さい。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

通訳案内士(ガイド)試験
平成25~26年度問題と解答・解説の小冊子を作成しました。

下記の平成24年度問題収録の書籍をお持ちの方にサービスにてお送り致します。

営業部あてにご連絡下さい。

 通訳ガイド ドイツ語(平成24年度)
 通訳ガイド イタリア語(平成24年度)
 通訳ガイド ポルトガル語(平成24年度)
 通訳ガイド ロシア語(平成24年度)
 通訳ガイド 韓国語(平成24年度)

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『図表でわかる衛生管理者の合格知識〔改訂第9版第1刷〕』

(訂正表)

下記につき誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

 

○44ページ (2)の⑤・上から2行目

 (誤)「7頁」 → (正)「8頁」

○63ページ 表中・具体的な生殖毒性物質の例欄

 (誤)「13物質」 → (正)「14物質」

○195ページ  表中・特定化学物質の解説欄

 (ロ)「30数種」を「50数種」に書き換える。

○195ページ  表中・有機溶剤等の解説欄

 (イ)の「クロロホルム,四塩化炭素など7種」を「1・2-ジクロルエチレン(二塩化アセチレン),二硫化炭素の2種」に書き換える。

 (ロ)の「40種」を「35種」に書き換える。

○202ページ ③の囲み枠内

 「(ロ)成分」を挿入する。「(ロ)注意喚起語」を(へ)として(ホ)の文章の後に移動する。「(へ)その他厚生労働省令で定める事項」を省略する。

○206ページ 表中・特化則の解説欄

 (誤)「特殊化学」 → (正)「特定化学」

○215ページ 下から1行目

 (誤)「個」 → (正)「箇」

○219ページ 表中・第1種有機溶剤等の物質名欄

 「クロロホルム,四塩化炭素,……の全7種及びその混合物」を「1・2-ジクロルエチレン(二塩化アセチレン),二硫化炭素及びその混合物(本色別区分は,特化則38条の8により特別有機溶剤等にも準用される。)」に書き換える。

○219ページ 表中・第2種有機溶剤等の物質名欄

 (誤)「40種」 → (正)「35種」

○220ページ 上から4行目

 (誤)「⑤」 → (正)「⑥」

○228ページ ①の赤網掛け図

 「特定第2類物質」と「オーラミン等」の間に「特別有機溶剤等」を入れ、罫線を左から引く。

○228ページ 表中・管理区分欄

 「特定第2類物質」と「オーラミン等」の間に「特別有機溶剤等」を入れる。

○228ページ 表中・物質の基本的性質欄

 「特定第2類物質」と「オーラミン等」の間に、「有機溶剤のうち、IARC(国際がん研究機関)の発がん性評価で発がんのおそれがあるとされた物質。沸点が低く常温での蒸気圧が高い物等がある。」を入れる。

○229ページ 表中第2類物質の代表的物質名欄

 (イ)の文末「など」の前に「,ジメチル-2・2-ジクロロビニルホスフェイト(DDVP)」を挿入する。

 改行して、

「(ロ)特別有機溶剤等〔全12種〕

エチルベンゼン、1・2-ジクロロプロパンクロロホルム四塩化炭素1・4-ジオキサン1・2-ジクロロエタンジクロロメタン(二塩化エチレン)スチレン1・1・2・2-テトラクロロエタン(四塩化アセチレン)テトラクロロエチレントリクロロエチレンメチルイソブチルケトン⋇ 

(下線の物質は従来有機溶剤とされていた物質で、平成26年法改正で特定化学物質として管理されることになった。これを一括してクロロホルムほか9物質とも呼ぶ。)」を挿入する。

以下、「(ロ)」を「(ハ)」に、「(ハ)」を「(ニ)」に書き換える。

○233ページ 表中・③の管理内容概略欄・上から2行目~3行目

 「コークス製造する」の「コークス」と「製造する」の間に「を」を挿入する。

 「作業場⇒」の「作業場」と「⇒」の間に「及び特別有機溶剤を製造・取り扱う作業場」を挿入する。

○273ページ 表中・基本性質及び障害症状の概要・上から6行目

 (誤)「脂肪」 → (正)「脂質」

○302ページ 表中・実施留意点欄

 (誤)「業務暦」 → (正)「業務歴」

○304ページ 表中・健診内容及び対象者等留意事項欄7行目

 「有機溶剤健診」を「有機溶剤健診・特別有機溶剤等(ジクロロメタンを除く)健診」に書き換える。

○304ページ 表中・安衛法(66条)欄

 (誤)「歯組織に」 → (正)「歯又はその支持組織に」

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『民法がわかった〔改訂第4版〕』お詫びと訂正

このたび、本書において、以下のとおり誤りがありましたので、お詫びして訂正いたします。

・12頁本文最終行、13頁1行目
  胎児の認知(783条)を削除。

・13頁上から12行目 
  赤ちゃ ─→ 赤ちゃん に訂正。

・21頁表1の米印1
  未成年後見人は1人。法人はダメ(842条)。
    ─→未成年後見人は数人でもOK。法人でもOK(840条・857条の2)。
   
 に訂正。 

・21頁表1の米印2
  成年後見監督人 ─→ 後見監督人 に訂正。
  カッコ内の849条の2 ─→ 849条 に訂正。

・44頁ザ・判例(9)の最終行判例
  大判昭和23年~ ─→ 最判昭和23年~ に訂正。
  379頁の判例索引左段上から9行目も同様に訂正。

・338頁上から16行目
  (848条~849条の2) ─→ (848条、849条) に訂正。

・374頁の事項索引左段1行目
  成年後見監督人……338 を削除。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『法律学の基礎技法 〔第2版〕』お詫びと訂正

このたび、本書において、以下のとおり誤りがありましたので、お詫びして訂正いたします。


本書25頁の「コラム6 権利のための闘争」の欄で、本文の書き出し部分がコラムの図柄と重なり読めませんでした。読めないところの文章は次の下線部分です。

 「法の目標は平和であり、~

誠に申し訳ございませんでした。謹んでお詫び申し上げます。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『旧司法試験短答過去問刑法〔論理・難解50問〕』お詫びと訂正

このたび、本書において、以下のとおり誤りがありましたので、お詫びして訂正いたします。

101頁右段上から10行目
「Ⅰ→a」→「Ⅰ→a,b

124頁右段下から11行目・10行目
「占有の考えをとるが①に入る〈①〉。」→「占有の考えをとるが①に入る〈①〉。」

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『境界・私道の法律相談Q&A』(初版第4刷)訂正とお詫び
 
このたび,本書において,以下のとおり誤りがありましたので、お詫びして訂正いたします。
146頁左段上から3行目
「行動に通じない土地の所有者」→「公道に通じない土地の所有者」

関連書籍はこちら

このページのトップへ

このたびは、本書において下記の通り誤りがありましたので、訂正いたします。読者及び著者、関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。謹んでお詫び申し上げます。

○132ページ 問題173のランクは A です。
また、チェック欄を挿入してください。
○133ページ 解説173の答えは × です。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

受験新報4月号『特集1 論文式対策! 出題論点予想』の記事中にて取り上げました
司法試験考査委員に変更がありましたので、訂正してお詫び申し上げます。

下記PDFファイルをダウンロードしてご参照下さい。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『弁理士受験新報No.83』お詫びと訂正

 

このたび,「特集2」において,文章に欠落がありました。

お詫びして訂正いたします。

 

56頁4行目“包”の次に,次の文章を追加してください。

「装箱の写真が掲載されていた。このうち,人工歯の形態として「バイオ形態(Bio Form)」「バイオ形態」は被告が開発した形態であることが認定されている。」

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『境界・私道の法律相談Q&A』(初版第1刷)訂正とお詫び

 

このたび,本書において,以下のとおり誤りがありましたので、お詫びして訂正いたします。

91頁左段上から5行目

「②地図または知事に準ずる図面」→「②地図または地図に準ずる図面」

93頁「Q49 申請の費用」解説右段5行目

「77,000円」→「32,000円」

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『弁理士受験新報2012/2 Vol.85』お詫びと訂正

 

このたび,「特集1」において,文章に欠落がありました。

お詫びして訂正いたします。

 

6頁右段「第三に,~」の段落,最下行に次の文章を追加してください。

「の結果を上記「事実の図解」と照らし合わせるとよい。」

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 正誤表について - 2011.08.22

正誤表の掲載は、トップページ上部にあります「おしらせ」項目からご覧頂くか、
下記よりご覧ください。

『正誤表一覧』はこちら

このページのトップへ

 定期購読のご案内 - 2011.07.26

「月刊 司法試験・予備試験 受験新報」

毎号確実に入手していただく為に、定期購読をお勧めします。
定期購読がお得です、特大号(特別料金)込みの料金で、毎号発売日より先にお届けいたします。

月刊 司法試験・予備試験 受験新報(毎月1日発売)
  12冊(1年分):16,080円
  6冊(半年分):8,040円

開始号は出来るだけ、その月発売号からお願いいたします。前月号まではバックナンバーでご注文になります。

毎号発売日以前に小社より郵送(送料小社負担)にてお届けします。

ご希望の方は、お名前、ご住所、電話番号、ご希望月号から6か月か1年をご連絡下さい。
小社振込手数料負担の郵便振込用紙をお送りいたします。
購読料金は、前金制となっておりますので、入金が確認出来次第、登録及び、既刊誌を発送させていただきます。

なお、お客様の都合による中途解約の場合は購読料の返金は出来ませんので予めご了承下さい。

お問い合わせ:法学書院「定期購読」係
〒112-0015 東京都文京区目白台1-8-3
電話 03-3943-1721/ FAX 03-3943-2030
営業時間 月曜日~金曜日(9時00分~17時00分)


また、各種クレジットカード・コンビニ・銀行決済等は「雑誌のオンライン書店・株式会社富士山マガジンサービス」でのお取り扱いとなりますのでご利用下さい。

御注文はこちらから 

このページのトップへ