法律書,司法試験ほか各種国家試験の図書出版
ホーム > ネットトラブルの法律相談Q&A〔第2版〕

ネットトラブルの法律相談Q&A〔第2版〕  新刊

内容説明

インターネットはいまや私たちの生活に欠かせないツールです。だからこそ、いつトラブルに巻き込まれるか分かりません。前もって知っておきたい知識やトラブルに巻き込まれそうになったらどう対応したら良いかが専門弁護士によって解説されています。執筆を担当したメンバーは、いずれも神奈川県弁護士会の専門実務研究会に所属している弁護士で、これまでに実際に相談や依頼を受けたり、裁判で争われたりした事例、法律家として経験的に問題となりそうな事例、また読者の皆さんが疑問に思われるような事例や項目を想定して設問を設け、それぞれに解説が加えられています。
第2版では、平成29年6月に公布された改正民法に対応させて内容を検討し、新たなトラブルの設問の追加とともに、改訂しました。


<もくじ>

第1章 スマートフォン・携帯電話・アプリ

 ◗普及するスマートフォン・携帯電話

 ◗法的問題

Q1 スマートフォンを業務に用いる際に注意すべきことは?

Q2 アプリによって取得された「個人情報」の削除

Q3 アプリを共同開発したときの問題

Q4 「コンプガチャ」規制の範囲

Q5 「携帯代」を滞納すると?

Q6 中古スマートフォンの購入

Q7 携帯電話ののぞき見

Q8 携帯電話を壊してしまった場合の損害賠償

Q9 地図データが間違っている

10 携帯電話カメラで本を撮影した

11 LINE,Messenger等のメッセージアプリの問題点

12 GPS等による位置情報

13 海外に携帯電話を持って行く場合の注意点

 

第2章 SNS(フェイスブック,ツイッター,ライン,インスタグラム等)

 ◗SNSとは

 ◗SNS上の情報は誰もが閲覧できる

 ◗SNS上の権利侵害,SNSを利用する従業員と会社の関係

Q1 他人の作品を自分のSNSに投稿できるか/自分の作品が他人のSNSに載っていたら?

Q2 SNS上で自分の悪口や誹謗中傷が書かれていたら?

Q3 SNS上で自分の私生活に関することが書かれていたら?

Q4 他人が自分のプロフィールを使ってSNSを利用していたら?(SNS上のなりすまし)

Q5 SNSに投稿する際の注意点

Q6 勤務先会社に関する情報や写真をSNSに投稿する際の注意点

Q7 会社は従業員のSNSの利用を制限できるか

Q8 会社は従業員のSNSをチェックできるか/従業員のSNSアカウントの届出を義務付けられるか

 TOPICS  ネット選挙

 

第3章 ク ラ ウ ド

 ◗クラウド(Cloud)とは

 ◗クラウドに関連する法令

Q1 クラウドデータ消滅時の責任追及

Q2 クラウドサービス一時停止時の責任追及

Q3 個人情報漏洩時の責任追及

Q4 会社でクラウドサービスを導入する際の注意点

Q5 クラウドにおける著作権の問題

Q6 責任追及における国際的問題点(国際管轄,準拠法)

 

第4章 情報セキュリティ

 ◗情報セキュリティとは

 ◗情報セキュリティに関連する法律

Q1 メールアドレスの流出

Q2 メールアドレス流出による損害賠償請求

Q3 仕事用パソコンの紛失と個人情報流出

Q4 個人情報のデジタル化に伴う注意点

Q5 メールの誤送信

Q6 メーリングリストの開示・非開示設定ミス

Q7 メールアドレスの偽名等での登録

 

第5章 名誉毀損・プライバシー侵害

 ◗インターネットによる権利侵害

 ◗インターネットの匿名性と法的手段

Q1 インターネットによる権利侵害の具体例【名誉毀損・プライバシー権】

Q2 実際に名誉毀損等の投稿がなされた場合の対応

Q3 ブログの投稿者が削除に応じない場合

Q4 投稿者がわからない場合【プロバイダ責任制限法・発信者情報開示】

Q5 発信者情報開示請求の方法

   発信者情報開示請求標準書式の記入例

Q6 プロバイダが開示に応じない場合【裁判手続】

Q7 過去の犯罪歴をインターネットから削除したい

 

第6章 動画投稿・違法ダウンロード

 ◗動画投稿

 ◗違法ダウンロード

Q1 動画を投稿する際の注意点を教えてほしい

Q2 動画をダウンロードする際はどのようなことに注意すればいいか

Q3 弾き語り動画を作って投稿した

Q4 テレビ番組を友人と共有したい

Q5 講演会の映像の投稿・上映

Q6 立像やキャラクターパレードなどの映像の投稿

Q7 動画投稿によるパワハラ行為の是正

 

第7章 ネットショッピング,アフィリエイト,仮想通貨

 ◗ネット取引の利便性と危険性

 ◗本書で取り上げる事例

Q1 インターネットを利用したオークション・ショッピングの仕組み

Q2 商品の未着

Q3 インターネットショッピングで返品はできるの?

Q4 「ノークレーム・ノーリターン」特約

Q5 インターネットオークションで買った物が後で盗品だと分かった場合

Q6 医薬品・化粧品の個人輸入

Q7 オークションなりすまし

Q8 返品詐欺

Q9 代理出品詐

10 ワンクリック請求

11 インターネット広告(アフィリエイト,PPC等)利用の注意点

12 ステルスマーケティング・サクラとは?

13 電子マネーの補償

 

第8章 ネットバンキング,ネットトレード

 ◗インターネットバンキングとは

Q1 ウイルス等によるIDとパスワードの盗用

Q2 会社内部者によるIDとパスワードの盗用

Q3 家族によるIDとパスワードの盗用

Q4 データ誤入力とシステム障害による未送金

 

◗ネットトレードとは

Q1 ネット証券を始めるにあたっての注意点

Q2 IDとパスワードの盗用

Q3 システム障害等による取引の障害

Q4 ネットトレードにおける適合性原則,説明義務

Q5 名義貸しと名義人の責任

Q6 注文の誤入力と責任

Q7 風説の流布と金融商品取引法158

 

第9章 会社・企業関係

 ◗会社におけるコンピュータ・インターネットへの対応

 ◗どのような法律が関係するか

 ◗関連する諸問題

Q1 会社間におけるメールアドレス帳のやりとり

Q2 従業員情報の社内での共有

Q3 従業員採用活動時に個人情報を収集するときの注意点は?

Q4 従業員の利用する電子メールの監視

Q5 防犯カメラと従業員のプライバシー

Q6 従業員の行動に対するGPS監視

Q7 退社時の情報持ち出しの禁止

Q8 自社商標に類似するドメイン名

Q9 SEO契約の問題点

10 ホームページ作成契約を結ぶ際の留意点

 

10章 著 作 権

 ◗「著作権」って何だろう?

 ◗著作権は,何のためにあるの?

 ◗インターネットだと,なぜ著作権が問題になるの?

Q1 ホームページでの写真の掲載,音楽の再生

Q2 ブログへの記事,書籍の掲載

Q3 ネットオークションへの出品

Q4 ファイル共有ソフトの利用(ドラマ,ゲームプレイ)

Q5 動画投稿サイトの利用(旅行,コンサート動画の投稿)

Q6 ブログを書籍として出版したら?

Q7 自炊の問題(書籍を電子ファイル化すること)

Q8 電子書籍の出版

Q9 電子書籍の配信を止められた?

10 プログラムの著作権は会社か個人か

 

11章 未 成 年 者

 ◗判断能力が未熟な未成年者の保護

 ◗使うときのルールを決めておく

 ◗典型的なトラブルを知る

Q1 子どもがネットショップで勝手に買い物をした

Q2 子どもがクレジットカードを勝手に使った

Q3 娘にTwitterを利用させても大丈夫?

Q4 子どもがネット上でいじめにあった

 TOPICS  民法改正(成年年齢の引下げ)

 

12章 サイバー犯罪

 ◗サイバー犯罪とは

 ◗サイバー犯罪の特徴

Q1 掲示板の書き込みと名誉毀損罪

Q2 掲示板の書き込みと業務妨害罪

Q3 デジタルデータとわいせつ物公然陳列罪

Q4 児童買春・出会い系サイト規制法

Q5 児童ポルノ・青少年育成条例

Q6 不正アクセス禁止法

Q7 不正アクセス禁止法・電子計算機使用詐欺・窃盗

Q8 リベンジポルノ防止法

Q9 ウイルス供用罪・ウイルス保管罪

 

COLUMN

SNS利用者が死亡した場合の対応

SNSアカウントの乗っ取り

米国愛国者法

国際裁判管轄

うっかりクリック-インターネット取引と錯誤

つながらない権利!?

コンピュータの中身の調べ方

  ~コンピュータ・フォレンジックとは?~

キュレーションサイトとは

子どものオンラインゲームトラブルにご注意!?

「故意」って何ですか

デジタルデータでわいせつ物公然陳列罪とされた事件

ストーカー規制法の改正について

このページのトップへ