法律書,司法試験ほか各種国家試験の図書出版
ホーム > レクチャー刑法各論〔第5版〕

レクチャー刑法各論〔第5版〕  新刊

レクチャー刑法各論〔第5版〕
著者 川端 博
ジャンル 法律 > 法律一般 > 刑法
出版年月日 2018/02/28
ISBN 9784587036898
判型・ページ数 A5
定価 本体3,200円+税
 

内容説明

初学者, 法学部生等を対象に執筆された刑法各論の体系書です。 とかく条文の羅列となりがちな各論の解説を,できる限り本文とのつながりを重視することで,逐条解説書のような機械的に条文を配列することを避けるように執筆されています。 とくに, 判例に即して説明することによって構成要件の内容をより具体的に示し,また判例がない事項については, 具体例をあげて説明するように配慮されています。第5版にあたって,性犯罪の厳罰化等の平成29年の刑法改正や判例変更に対応させることはもちろん,表記の統一をはかる等,よりよみやすさを向上させました。


〈もくじ〉

第Ⅰ編 序  論
第1節 刑法各論の意義と対象
第2節 刑法各論の体系

第Ⅱ編 個人的法益に対する罪
序 節
第 1 講 生命および身体に対する罪
 第1節 殺人の罪
 第2節 傷害の罪
 第3節 過失傷害の罪
 第4節 堕胎の罪
 第5節 遺棄の罪
第 2 講 自由に対する罪
 序 節
 第1節 脅迫の罪
 第2節 逮捕および監禁の罪
 第3節 略取および誘拐の罪
 第4節 性的自由を害する罪
第 3 講 私生活の平穏に対する罪
 序 節
 第1節 住居を侵す罪
 第2節 秘密を侵す罪
第 4 講 名誉および信用に対する罪
 序 節
 第1節 名誉に対する罪
 第2節 信用および業務に対する罪
第 5 講 財産犯
 第1節 財産犯総論
 第2節 窃盗の罪
 第3節 強盗の罪
 第4節 詐欺の罪
 第5節 恐喝の罪
 第6節 横領の罪
 第7節 背任の罪
 第8節 盗品等に関する罪
 第9節 毀棄および隠匿の罪

第Ⅲ編 社会的法益に対する罪
序 節
第 6 講 公共の平穏に対する罪
 序 節
 第1節 騒乱の罪
 第2節 放火および失火の罪
 第3節 出水および水利に関する罪
 第4節 往来妨害の罪

第 7 講 公共の信用に対する罪
 序 節
 第1節 通貨偽造の罪
 第2節 文書偽造の罪
 第3節 有価証券偽造の罪
 第4節 支払用カード電磁的記録に関する罪
 第5節 印章偽造の罪
 第6節 不正指令電磁的記録に関する罪
第 8 講 公衆衛生に対する罪
 序 節
 第1節 あへん煙に関する罪
 第2節 飲料水に関する罪
第 9 講 風俗に対する罪
 序 節
 第1節 わいせつおよび重婚の罪
 第2節 賭博および富くじに関する罪
 第3節 礼拝所および墳墓に関する罪

第Ⅳ編 国家的法益に対する罪
序 節
第 10 講 国家の存立に対する罪
 序 節
 第1節 内乱に関する罪
 第2節 外患に関する罪
第 11 講 国家の作用に関する罪
 序 節
 第1節 公務員および公務所の意義
 第2節 公務の執行を妨害する罪
 第3節 逃走の罪
 第4節 犯人蔵匿および証拠隠滅の罪
 第5節 偽証の罪
 第6節 虚偽告訴の罪
 第7節 汚職の罪
第 12 講 外国に対する罪
 単節 国交に関する罪

このページのトップへ