法律書,司法試験ほか各種国家試験の図書出版
ホーム > 高齢者と家族のためのQ&A〔第2版〕

高齢者と家族のためのQ&A〔第2版〕  新刊

~法的トラブルから医療・介護支援まで~

内容説明

 老後を安心して暮らすため,介護・医療の問題,成年後見制度,相続・遺産分割の注意点,高齢者詐欺,遺言に関する注意点,葬儀・お墓のことなど,ぜひ知っておきたい法知識・手続方法・制度の仕組み等について,事例形式のQ&Aを交えて判り易く解説しました。

 〔第2版〕では,各法律改正や制度の変更等に対応し,特に「成年後見制度円滑化法」成立に伴い変更された点について新たに解説しています。

 皆さんの抱える問題解決のための糸口が見つかる,有益な内容が満載の一冊です。


<もくじ>

はじめに 高齢者への様々な支援
 ◇住み慣れた地域で暮らし続けるための支援
  [Q1]どこに相談すれば良いですか? 
  [Q2]認知症高齢者を見守るネットワークとは?

第1章 介護・医療が必要になったときの支援
 1 自宅で生活をする高齢者の支援~介護保険制度,医療保険制度の理念と仕組み~
  [Q1]居宅サービスとは?  
  [Q2]在宅生活とその限界とは?
  [Q3]高齢者向け賃貸住宅とは?
 2 自宅での生活が困難になった場合の施設選び
  [Q4]有料老人ホームの種類と特徴を教えて下さい
  [Q5]有料老人ホーム入居に際しての注意点は? 
  [Q6]軽費老人ホーム,養護老人ホームとはなんですか?
 3 施設入居時および入居後の高齢者の支援
  [Q7]施設で怪我をしました!  
  [Q8]施設で身体拘束されています!
  [Q9]施設で虐待されています!  

第2章 金銭の管理・確保と生活の見守り
 1 金銭管理と生活の見守り
  [Q1]日常生活自立支援事業とは? 
  [Q2]ホームロイヤーとは?  
 2 生活を支えるお金の確保
  [Q3]年金の受給資格がなくて不安です 

第3章 消費者被害の予防と対応
 1 消費者被害の実態
 2 消費者被害予防のポイント
  [Q1]一人暮らしの消費者被害を防止するには?  
  [Q2]消費者被害にあわないようにする制度は?  
 3 消費者被害への対応
  [Q3]訪問販売で大量の羽毛布団を買ってしまった 
  [Q4]勧誘販売にはどう対応すれば良いですか?  
  [Q5]金融商品で被害にあいました  
  [Q6]インターネットで被害にあいました
  [Q7]消費者被害にあった場合には?  

第4章 成年後見制度
 1 成年後見制度の概要
  [Q1]どのような場合に成年後見制度を利用するのですか?  
  [Q2]成年後見制度利用で本人の不利益はありますか?  
 2 成年後見人等の担い手
  [Q3]親族後見とは?  
  [Q4]専門職後見人の見つけ方は?
 3 成年後見人等に対する監督
  [Q5]成年後見人に対する監督体制は?  
  [Q6]成年後見人と成年後見監督人との関係は?  
 4 成年後見制度を利用するときの費用と,選任までの期間
  [Q7]本人の財産がわずかしかありません  
 5 成年後見(法定後見)の申立方法
  [Q8]成年後見申立てにあたっての注意点は?  
  [Q9]市町村長申立てってなんですか?  
 6 成年後見人(法定後見)の職務
  [Q10]成年後見人就任直後の職務は?  
  [Q11]被後見人名義の空き家を売却できますか?  
  [Q12]医療同意しなければなりませんか?  
 7 成年後見人(法定後見)の終了
  [Q13]本人死亡後の後見人の事務は?  
 8 任意後見制度の概要
  [Q14]任意後見契約を結ぶときの注意点は?  
 9 後見制度支援信託
  [Q15]後見制度支援信託の利用の勧めを断れますか? 
 10 成年後見事務の円滑化と制度の利用促進

第5章 高齢者虐待
 1 高齢者虐待とは
 2 高齢者虐待の現状
 3 高齢者虐待防止法
  [Q1]養護者が身体的虐待・心理的虐待をしています!  
  [Q2]養護者が経済的虐待をしています!  

第6章 相続・遺産分割に関する注意点
 1 相続制度の概要
  [Q1]相続開始後の各種手続きは?  
 2 相続人の範囲・法定相続人と法定相続分
  [Q2]被相続人に暴行を振るっていた推定相続人の相続権は?  
  [Q3]共同相続人が行方不明の場合は?  
 3 相続人の不存在
  [Q4]相続人がいない場合の被相続人の債務はどうなる?  
  [Q5]相続人がいない場合に,被相続人の世話を行ってきた者は?  
 4 相続の放棄,相続の承認,限定承認
  [Q6]相続財産が不明確な場合はどうすれば良いですか?  
  [Q7]相続財産がないと思っていた場合の熟慮期間の起算点は?  
  [Q8]被相続人の借金を相続財産から返済した場合は?  
 5 相続財産の範囲
  [Q9]相続財産の調査と評価はどうすれば良いですか?  
  [Q10](家族)名義預金の取扱いはどうすれば良いですか?  
  [Q11]賃貸マンションの賃借人の地位と相続は? 
  [Q12]連帯保証人の地位と相続は?  
 6 分割の手続き(遺産分割協議・遺産分割調停・審判)
 7 特別受益と寄与分
  [Q13]具体的相続分(特別受益と寄与分)の算定方法は?  
 8 相続税について

第7章 遺言に関する注意点
 1 遺言総説
  [Q1]内縁の妻はどうなりますか?  
  [Q2]相続人がいない人の財産はどうなりますか?  
  [Q3]遺言から抜け落ちた財産はどうなりますか?  
 2 遺言の種類
 3 自筆証書遺言の書き方,要式
  [Q4]共同遺言は禁止ですか?  
  [Q5]パソコンで作成しても良いですか?  
 4 遺言書が見つかった場合の手続き(検認手続とは何か)
  [Q6]遺言を開封してしまいました!  
 5 公正証書遺言
  [Q7]耳が聞こえない人,目が見えない人はどうしますか?  
 6 遺留分減殺請求,期限
  [Q8]愛人に全財産を相続させる旨の遺言が見つかった!  
  [Q9]相続人の1人に全ての財産を相続させたいのですが?  
 7 遺言書の書換え・変更
  [Q10]遺言の内容を変更したいのですが? 
  [Q11]複数の遺言が見つかった!  
 8 遺言書作成後に変動があった場合
  [Q12]遺言書に書かれた財産が既になくなっている場合は?  
  [Q13]相続させたい長男が先に亡くなったらどうなる?  
 9 遺言書と遺産分割の関係
  [Q14]遺言書と異なる内容の遺産分割はできますか?  
  [Q15]遺言書を見落とした遺産分割はどうなる?  

第8章 信託の活用
 ◇信託の活用
  [Q1]遺言代用信託とは?  
  [Q2]後継遺贈の実現とは?  
  [Q3]後見代用信託とは?  

第9章 自然死・尊厳死・安楽死と終末期医療
 1 人の死とは何か・脳死
 2 自然死・尊厳死・安楽死とは何か
 3 インフォームドコンセントと自己決定権
 4 リビング・ウィル
  [Q1]病院ではなく自宅で終末期を迎えたい  
  [Q2]自分の死に方と終末期医療・看取りについて  
  [Q3]安楽死は違法ですか?  

第10章 葬儀・墓地・埋葬
 1 死後の手続き
  [Q1]亡くなって最初にすることはなんですか? 
  [Q2]死後事務委任契約とは? 
 2 葬儀に関する法律問題
  [Q3]葬儀の生前契約とはなんですか?   
  [Q4]葬式費用の負担~1~  
  [Q5]葬式費用の負担~2~  
 3 墓地(祭祀の承継)に関する法律問題
  [Q6]埋葬に関する手続きは?  
  [Q7]墓地がない場合,埋葬はどうしますか?  
  [Q8]身寄りのない方の遺骨は?  
  [Q9]散骨に関する手続きは?  
  [Q10]菩提寺との関係(永代供養・その他)は?  

◇COLUMN◇
地域包括支援センター 
ホームロイヤー  
要介護・要支援とは  
地域包括ケアシステム  
生活困窮者自立支援制度  
特殊詐欺(振り込め詐欺)  
振り込め詐欺のお金は戻ってくるか?  
法定後見の3類型と,事理弁識能力  
成年後見人等の倫理  
最高裁判所が公表している「成年後見関係事件の概況」  
任意後見契約の発効のタイミング  
高齢者虐待の5類型  
一身専属権と祭祀財産 
嫡出子と非嫡出子における法定相続分に差異  
「相続人のあることが明らかでない」場合とは  
遺品の形見分けと法定単純承認  
被相続人の内縁関係にあった者と相続 
2つの判例  
エンディングノートと遺言との関係

このページのトップへ