法律書,司法試験ほか各種国家試験の図書出版
ホーム > 司法試験・予備試験伊藤真の速習短答過去問[民事訴訟法]

司法試験・予備試験伊藤真の速習短答過去問[民事訴訟法]  新刊

内容説明

過去問学習による短答式試験の対策方法の問題点や受験者の悩みを解決しようとするべく創意工夫を施した、今までにない短答式問題集として刊行。具体的には、司法試験、予備試験の「短答式問題」を体系に沿って掲載し,合格に必要な知識を問題の選択肢を素材に「Essential Note」というコーナーでまとめ、さらに「ビジュアルで覚える」として重要事項を図や表でまとめました。

<主な目次>

第1編 ◆民事訴訟法のかたち
  第1章 民事訴訟法とは
    第1節 民事訴訟法の意義
    第2節 民事紛争の処理方法
    第3節 民事訴訟法の全体像とメリハリ
    第4節 民事訴訟制度の目的と基本理念
    Essential Note
  第2章 民事訴訟の流れと要件事実概論
    第1節 民事訴訟の流れ
    第2節 要件事実概論
    Essential Note

第2編 ◆ 民事訴訟の主体
  第3章 裁判主体に関する問題
    第1節 裁判権・管轄
    第2節 裁判所の構成
    Essential Note
  第4章 当事者に関する問題
    第1節 当事者とその確定
    第2節 当事者能力
    第3節 訴訟能力
    第4節 訴訟上の代理人
    Essential Note

第3編 ◆ 訴訟の開始
  第5章 訴え提起
    第1節 訴えの概念と種類
    第2節 訴えの手続
    第3節 訴え提起の効果
    Essential Note
  第6章 訴訟物と処分権主義
    第1節 訴訟物とその特定基準
    第2節 処分権主義
    第3節 一部認容
    第4節 一部請求
    Essential Note
  第7章 訴訟要件
    第1節 訴訟要件総論
    第2節 訴えの利益
    第3節 当事者適格
    Essential Note

第4編 ◆ 訴訟の審理
  第8章 訴訟の審理と口頭弁論
    第1節 口頭弁論の意義と諸原則
    第2節 口頭弁論の準備
    第3節 口頭弁論の実施
    Essential Note
  第9章 審理の進行と当事者の訴訟行為
    第1節 審理の進行
    第2節 当事者の訴訟行為
    Essential Note
  第10章 弁論主義
    第1節 弁論主義と職権探知主義
    第2節 弁論主義の適用対象
    第3節 弁論主義の修正・補充
    Essential Note
  第11章 証  拠
    第1節 証拠総則
    第2節 証明対象と不要証事実
    第3節 自由心証主義
    第4節 証明責任
    第5節 証拠調べ手続
    Essential Note

第5編 ◆ 訴訟の終了
  第12章 当事者の意思による訴訟終了
    第1節 訴えの取下げ
    第2節 請求の放棄・認諾
    第3節 訴訟上の和解
    Essential Note
  第13章 終局判決による訴訟終了
    第1節 裁 判
    第2節 判決の効力
    第3節 既判力
    第4節 執行力
    第5節 形成力
    Essential Note

第6編 ◆ 複雑訴訟
  第14章 複雑請求訴訟
    第1節 訴えの客観的併合
    第2節 訴えの変更
    第3節 反訴
    第4節 中間確認の訴え
    Essential Note
  第15章 多数当事者訴訟
    第1節 共同訴訟
    第2節 補助参加訴訟
    第3節 三面訴訟
    第4節 当事者の交替
    Essential Note

第7編 ◆ 不服申立手続と略式手続
  第16章 上  訴
    第1節 上訴総説
    第2節 控訴
    第3節 上告
    第4節 抗告・特別上訴
    Essential Note
  第17章 再  審
    第1節 再審
    Essential Note
  第18章 特別手続
    第1節 特別手続
    Essential Note

第8編 ◆ 総合問題
  第19章 総合問題
    総合問題

このページのトップへ