法律書,司法試験ほか各種国家試験の図書出版
ホーム > 司法試験予備試験論文式3か年問題と解説<法律基本科目・法律実務基礎科目> 〔平成26~28年度〕

司法試験予備試験論文式3か年問題と解説<法律基本科目・法律実務基礎科目> 〔平成26~28年度〕  新刊

内容説明

 予備試験の一番の関門はやはり論文試験でしょう。出題される問題は、蓄えた知識だけでは太刀打ちできません。問題文から論点を抽出する力や、規範を問題文に当てはめる力など、知識をいかに使いこなすかが問われます。また、知識を使いこなすことができても、それを制限時間内で論文答案として書き上げる力も必要になります。そういった力をつけるためには、問題演習、特に過去問を解くことが多いに役立つはずです。

 本書は、平成26年から28年の3か年の予備試験論文式試験の「法律基本科目」と「法律実務基礎科目」の問題を出題年度順に並べ、出題趣旨とそれに沿った解説と答案例を付しました。各問題の解説と答案例は、受験界で活躍されている実力ある講師の方々ご執筆いただきました。適切な試験対策をとるのに役立つ1冊です。

 
<執筆者>

 憲法・行政法          伊藤 建

 民法・商法・民事訴訟法  内藤慎太郎

 刑法・刑事訴訟法      西口 竜司

 法律実務基礎科目     柴田 孝之


 

このページのトップへ