法律書,司法試験ほか各種国家試験の図書出版
ホーム > 民法改正がわかった

民法改正がわかった  新刊

内容説明

弊社発行の好評書『民法がわかった』と同様にわかりやすく書かれた「改正法の解説書」です。

民法大改正で,[どこが変わったのか?][どう変わったのか?][なぜ変わったのか?]
[変わってどうなったのか?]が,これ一冊でわかります。

「なるほど! こういう目的で,ここがこう変わったのか!」と納得できるわかりやすい解説と、
「旧条文がどう変更されたのか?」が本書解説で一目瞭然です。

 ・改正のあった条文は全て掲載
 ・削除された文言もわかる
 ・その改正条文が「新設」なのか? 「一部改正」なのか?
  「全部改正」なのか? 「削除」なのか? それが一目でわかる
 ・改正のなかった項目も明示
 ・2色刷りで,改正部分が視覚的に理解できる


<主なもくじ>

第1部 本論に入る前に

第2部 民法総則
 第1章 通則(第1条・第2条)
 第2章 人
 第3章 法人(第33条〜第84条)
 第4章 物(第85条〜第89条)
 第5章 法律行為
 第6章 期間の計算(第138条〜第143条)
 第7章 時効

第3部 物権
 第1章 総則(第175条〜第179条)
 第2章 占有権(第180条〜第205条)
 第3章 所有権(第206条〜第264条)
 第4章 地上権(第265条〜第269条の2)
 第5章 永小作権(第270条〜第279条)
 第6章 地役権(第289条〜第294条)
 第7章 留置権(第295条〜第302条)
 第8章 先取特権
 第9章 質権
 第10章 抵当権

第4部 債権総論(第1章 総則)
 第1節 債権の目的(第399条〜第411条)
 第2節 債権の効力
 第3節 多数当事者の債権及び債務
 第4節 債権の譲渡(第466条〜第473条)
 第5節 債務の引受け【新設】
 第6節 債権の消滅【旧・第5節】
 第7節 有価証券【新設】

第5部 債権各論(第2章 契約)
 第1節 総則
 第2節 贈与(第549条〜第554条)
 第3節 売買
 第4節 交換(第586条)
 第5節 消費貸借(第587条〜第592条)
 第6節 使用貸借(第593条〜第600条)
 第7節 賃貸借
 第8節 雇用(第623条〜第631条)
 第9節 請負(第632条〜第642条)
 第10節 委任(第643条〜第656条)
 第11節 寄託(第657条〜第666条)
 第12節 組合(第667条〜第688条)
 第13節 終身定期金(第689条〜第694条)
 第14節 和解(第695条・第696条)

第6部 債権各論(第3・4・5章)
 親族・相続
 債権各論(第3・4・5章)
 親族・相続(第1012条・第1016条・第1018条)

このページのトップへ