法律書,司法試験ほか各種国家試験の図書出版
ホーム > 伊藤真が選んだ短答式一問一答1000 刑法〔第3版〕

伊藤真が選んだ短答式一問一答1000 刑法〔第3版〕  新刊

内容説明

予備試験、法科大学院入試、司法試験、公務員・資格試験などの受験対策として選び抜かれた一問一答形式の問題集です。
第3版では、2017年6月に成立、7月に施行された改正法を反映させたほか、それに付随した法改正、そして司法試験情報、判例、参考文献などを最新のものに改めました。また、章ごとに『司法試験・予備試験 伊藤真の速習短答過去問 刑法』の類似問題の番号を明記しました。

<主な目次>

第1編 ◆総  論
 第1章  犯罪と刑罰の基本観念
 第2章  罪刑法定主義
 第3章  刑法の適用範囲
 第4章  犯罪の概念
 第5章  構成要件
 第6章  実行行為
 第7章  因果関係
 第8章  構成要件的故意
 第9章  構成要件的過失
 第10章  違法性の意義とその判断
 第11章  正当行為
 第12章  正当防衛
 第13章  緊急避難
 第14章  責任論総説
 第15章  責任能力
 第16章  責任故意
 第17章  責任過失
 第18章  期待可能性
 第19章  未  遂
 第20章  共犯総説
 第21章  共同正犯
 第22章  狭義の共犯
 第23章  共犯の諸問題
 第24章  罪  数
 第25章  刑  罰
 
第2編 ◆ 各  論
 第26章 生命・身体に関する罪
 第27章 自由に対する罪
 第28章 名誉・信用に対する罪
 第29章 財産に対する罪
 第30章 公衆の安全に対する罪
 第31章 偽造の罪
 第32章 風俗秩序に対する罪
 第33章 国家の存立に対する罪
 第34章 国家の作用に対する罪

このページのトップへ