法律書,司法試験ほか各種国家試験の図書出版
ホーム > 民事訴訟法講義 [第2版]

民事訴訟法講義 [第2版]  新刊

理論と演習

内容説明

司法試験合格をめざす法科大学院生,予備試験受験生の基本書として,また演習書として使われることを意図した専門書です。民事訴訟法の基礎から応用までを、図や表を多数利用して体系的に解説するなか,条文や判例も丁寧に引用しています。また,新旧司法試験の短答式過去問により知識の確認ができ、論文式の過去問には答案例を付けてあります。さらに著者オリジナルの論文問題も収録されています。第2版では,予備試験受験生のために法律基本科目(民事訴訟法)と法律実務基礎科目(民事)の答案構成,参考答案が収録されています。


もくじ
序 章 民事訴訟法の基本
第1章 総論
  1-1 民事訴訟の意義・目的
  1-2 民事紛争解決のための手続 ほか
第2章 訴訟の主体
  2-1 裁判所
  2-2 当事者 ほか
第3章 訴え
  3-1 訴えの概念・類型
  3-2 訴訟要件 ほか
第4章 訴訟の審理
  4-1 手続の進行
  4-2 口頭弁論とその準備等 ほか
第5章 訴訟の終了
  5-1 裁判
  5-2 当事者の意思による訴訟の終了 ほか
第6章 複雑訴訟
  6-1 複数の請求
  6-2 多数当事者訴訟 ほか
第7章 上訴・再審
  7-1 上訴総論
  7-2 控訴 ほか
第8章 略式訴訟手続
  8-1 簡易裁判所の特則
  8-2 手形訴訟・小切手訴訟 ほか
第9章 訴訟費用
補 章 実力確認問題とまとめ
附 章 予備試験問題を糧にするために
  民事訴訟法
  法律実務基礎科目

このページのトップへ